不動産担保ローン ブログパーツ 喧嘩百戦 TOEIC895点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ 佐藤十兵衛を追い詰める外部からの攻撃

喧嘩商売18巻より小ネタ。

十兵衛「金田・・・・持っているな……」「まだ隠しているな……」メリケンサックより強い武器を

睾丸を潰された金田が立ち上がったことから、金田が武器を隠していると推理した十兵衛。

攻め出せずにいる十兵衛に容赦なく浴びせられる野次。

「佐藤攻めろよ!」「金田はフラフラじゃねえーか!!」「「ファイトだよ!!ファイト!!!」


「攻撃の意志がないとみなし規定により 両者のファイトマネーの30%が没収となります」

ファイトマネーを没収されても動けない十兵衛。

「やる気出せよ!! 金田立っているだけだぞ!!」 「佐藤!! お前から攻めるんだよ」「ふざけんなよ!」


追い詰めているはずの十兵衛が 逆に追い詰められていた 客のブーイングによるものだけではない


「客のブーイングによるものだけではない」

↑今回注目したのはこれ

「客のブーイングによるものだけではない」ということは「客のブーイングもまた十兵衛を追い詰めている原因の一つであるということだよね。佐藤十兵衛の性格からすると客のブーイングなんてスルー。状況も判らず騒いでいるだけの大衆のつまらない戯れ言など意に介さないのか思いきや、けっこう気にしいですね。

いや、それだけなんだけどね(笑) 

まあ邪推するといじめられっ子根性がまだ残っているのではないだろうか。周囲からの圧力を跳ね返せる腕力を手に入れた十兵衛。そのことによって、いじめを克服し、逆に周りを従わせるくらいにまでなったわけだが、実はそれも力が及ぶところだけ。観客からの野次のようにこちらが反撃しようのない状況では、まだやはり受け流せるほどの力が発揮できないと考えられないだろうか? 考えられない? まあいいけど(笑) 

スポンサーサイト

今週の喧嘩商売ネタバレ感想「KY」 総合格闘技 反町隆弘

実験的に毎週の感想を書くことにしました。クオリティは保証しません。

● やっと新キャラ登場総合格闘技「反町隆弘」

ずっと気になっていましたが、やっと出ましたね。もっと硬派な人間を勝手に想像してましたが「KY」ですか。いつものパターンだと、新キャラ紹介の「最強は何か?」と対戦カード発表時のキャラ立てストーリーの二話があるはずですが、反町隆弘の場合は後者のキャラ立てはないと予想。
対戦カード発表直前にキャラのストーリーを挟むのは、当然、盛り上げるため。「こいつつえー」とか「こいつかっけー」と強く思わせた状態でカードを発表すると盛り上がりますよ。

反町の場合はその盛り上がり&キャラ立てストーリーを省くためにここまで引っ張たのでしょう。おそらく次話に反町のカードが発表される。新キャラ紹介をした直後はそのキャラの印象が強いですから、対戦カード発表直前にキャラの印象を強くするためのストーリーを挿入する必要はないかと。

追記・あれだ巻頭にキャラ紹介を持ってくるためか。話数計算してないからしらんが


● 佐藤睦夫は何であのタイミングでストーリーがあったの?


あのストーリーの直後にカードを発表したら盛り上がっていただろうに。対戦カードがまだ決まっていないからという理由は流石にあり得ないから、考えられる理由は

1 佐藤睦夫のストーリーをあのタイミングで思いつき、すぐに書きたくなった

2 戦いがなく盛り上がりにかける回が続いたのでカンフル剤を入れる必要があった

3 上杉均や芝原剛盛のストーリーが固まっていなかったから、書けるやつから書いた。

このどれかでしょう。2はあれなんだよね、この漫画実際戦い少ないよねw そのデメリットをなんとか埋めようとしているんでしょう。

● 薩摩柿之介
プロの厳しさを教えるためにスクワットをして疲弊している新人を落とす。はんっ。
先輩には勝てないと思い込ませる、または勝てないような状況を作るという図式はどこでも見られる。ラーメン屋なんかそうでしょう。まずは掃除からとかいって、下働きをずっとさせてなかなかラーメンを作らせない。だから上達しない。みのもんたの愛の脱出大作戦を見てみなさい。手取足取り教えれば一週間でできるじゃないかw(偏見おおありですw)

● ついてねー、ついてねーな


山本空の薄い胸板を見た時のあの落胆ぶりときたら。
それにしても、反町隆弘は顔が変わるほど見事に身体を作り上げてますね。これが一般的な漫画との違いでしょう。修行をしても、体型変化しない漫画多いですからね。

● 生野の八百長
プロやな、こいつ。プロレス人気を上げるために自分の腕を折らせようとすんだもの。まあ穿った見方をすれば、八百長を持ちかけたら反町がやめるのを予想していたのかも。総合格闘技の人気を下げることで、プロレスに客を流そうとする作戦?

● 意外に

意外に一話だけでも書くことあったわw


あなたの数秒を私にください。面白かったら拍手プリーズ

二本立て リスニングを倍速で聞く意義&喧嘩商売感想予告

喧嘩感想の毎週の感想を書こうか書くまいか

喧嘩商売の記事にいつも拍手をしてくれる方がいてくれてありがたいっすね。やる方としては数秒もかからないくらいの手の動きでできる拍手ですが、書き手に与える影響は大きいっすよ。とか言うと、拍手乞食がまーた、なんかいい始めたわ、としか思われないんやろうがw 今週から実験的に喧嘩商売の感想を毎週書こうと思っているのですが、どうでしょう? クオリティは全く保証できないところが痛いんですよね。見捨てられやしないかと心配で毎週の感想を書けずにいるんですよ。何か意見があればコメントなり拍手なりでどうぞ

リスニングの勉強を倍速でする意義


自分はtoeicの模試を倍速(1.4倍速)で勉強していました。さて、

倍速でリスニングを日常的に聞いているとTOEIC本番でゆっくり聞こえるよ


これって事実ですか?

判らない?

自分も知らないです(笑)

ですから、以前は倍速リスニングに手を出すかどうか迷っていたのです。でもゆっくり聞こえる聞こえないなんてことより、真偽の判断がしやすい明らかなメリットがありますよね。

2倍で聞くとリスニングの勉強時間が半分になる。

すげえ、当たり前。でも大事ですね。一日一セット模試を回すぞーと思っても時間がなかったりする。でも、倍速でも聞くとあらふしぎ。半分でできるではないか! おほほほ。

相乗効果として、本番でゆっくり聞こえるようになるかもしれませんしね。本番でゆっくり聞こえるという利点がなくても、時間短縮ができたんですから損にはならない。倍速さいこー。でも、段階を踏んでスピードをあげてね?

http://soft.edolfzoku.com/hayaemon2/

自分はスピードを上げるのにソフトを使っております。スピード110%UPとかもできるので便利。模試を効率的に回すのに役立ちました。

あなたの数秒を私に下さい。面白かったら拍手プリーズ

小ネタ 単語特急をMQMテクで活用せよ

どうもziroです。TOEICブロガー界って平均年齢高いっすね。自分より一回り年上の方(中には倍以上年上もw)がごろごろいらっしゃるんですものw まだ思春期から脱していない身としては萎縮するばかりです。


今日は問題集を使い倒すためのちょっとしたテクニックを披露しますよ。

問題集を開くと問題が書いてありますよね。当然だけど(笑)そして解説も書いてある。この解説に、問題の解説だけではなくて、補足の知識とか書いてあることがあるじゃないですか。

Q 空欄に当てはまる選択肢を選べ

I want ( ) tennis.

A to play    B playing


解説
want はto不定詞を取る動詞だから答えはAです。ちなみにwant+ingで「~される必要がある」という意味になります。need+ingも同じ意味です




この解説では赤い部分も合わせて覚えたいんですけど、位置的に覚えにくいですよね? 問題形式になっているわけではないし、赤シートで隠せるようになっているわけでもないし。特にneed+ingなどは問題の選択枝にも入ってないのですから、余計覚えづらい。

こういう時は問題を自分で作ってしまいましょう。

上の問題の部分にこう書き込みをします。


Q 空欄に当てはまる選択しを選べ

I want ( ) tennis. 
Q「want+ing」「need+ing」はどういう意味?
A to play B playing



自分で問題を新たに作って、それも答えるようにするわけです。そうすることで、解説に書いてある補足の部分の知識も確認できるようになる。どうでございましょ? 

最近では、単語特急でこのテクを使いました。単語特急は解説部分の語彙解説が豊富なわけですが、いかんせん覚えづらい。だから問題にしちゃいましたよ。moritetu先生。

MBA


汚いのは放っておいてください。自分はこの方法を通して、解説部分にある細かい知識も覚えることができましたよ。


まあ偉そうに言っておりますが、突飛な発想でもないですね。やっている人多いと思います。でも、ブログで発表したのは自分が最初なので、この技を making questions by myselfテク

MQMテクと名付け、ブログ界に商標登録します

カレーで特許を取ろうとしたハウス食品ばりの暴挙。これから記事を書く時はMQMテクと書くのを忘れずに(笑)


↓あなたの数秒を私に下さい。面白かったら拍手プリーズ

小ネタ 英語の勉強法・教材のプレゼンをする上で大切なたった一つのこと

小ネタを大ネタにするために、はてなライクな扇情的な題名をつけてみました。

英語の勉強法・教材のプレゼンをする上で大切なたった一つのこと

簡単ですね。

実際にやってみての成果・結果を伝えること

です。

自分が英語関連の記事や書き込みをざーっと読んで面白かったのは、実際の効果・結果が書かれているものでした。多読を200万語分してtoeicで時間が余るようになった、とか、イクフンのpart5,6を5周してpart5,6で8割取れるようになった、とかそういう一節があるだけで全然違う。

当たり前なんだけどね、これができているかいないかで全然違いますよ。

多くの人が英語学習の記事に何を期待しているって、その学習法・参考書で実際に効果がでんのか?ってことだと思うんですよ。特に検索ワードで飛んでくる人はそういうことを期待しているでしょう。

シャドウイングを毎日やったらtoeicのLで450取れるようになった。

学習者にとっては、こんな一文が餌なんですよね。こういうのを見つけるだけで興奮してしまう、わくわくしてしまう。この記事いいなって思わせたかったら成果を伝えること。これは手前味噌じゃなくてもいいんですよ。これをやって偏差値70行った人がいるらしいと書き加えるだけでいいんです。(嘘はつくなよ、嘘は)

大きな成果じゃなくてもいい。簡単に成果がでるわけないんだから。「シャドウイングを一ヶ月続けているんだけど、心なしか英語に対する反射神経が上がったきがする」程度でもいい。もちろんそれだと興奮させ度は下がるけどさ、読者の欲求は多少満たされる。とにかくどうなったかを書く。結果が知りたいんだって、みんな。とくにブロガーという生の学習者が得た結果をさ。悪い結果でもいいわ。ああ、この教材に手を出さなくてよかった、と読者に思ってもらったという形で役に立つから。結果成果効果。

とても基本的な事なんだけど、結果成果効果を書いていない人多いですね(自分も書いてないやつの方が多いけどw)なんででしょうね。

自慢に取られるのが嫌だから? 

効果を感じていると言っておいて、toeicで失敗したら情けないから?

学習記録をつけるのが目的でブログをやっているから、他人の目を気にして書いていないからかな?

書くような成功も失敗も体感していないから?

まあなんでもいいけど。


ちなみに学習記録とかでも成果を書いた方がいいけど、記録が主な目的なら無理はしないでいい。というか、記録が目的でなくとも無理はせんでいい。これは唯一つの面白くするための条件に過ぎないんだから。
最新記事
ページ人気ランキング
プロフィール

Author:bonziro
TOEIC895が目標――達成しました 
喧嘩商売の感想、レビュー←一緒か

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
こんな記事書いてくれ、みたいな要望があれば是非
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。