不動産担保ローン ブログパーツ 喧嘩百戦 TOEIC895点 本は消耗品?本を読む時はオリジナルテストを作れ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本は消耗品?本を読む時はオリジナルテストを作れ!

本って消耗品と言ってもいいよね。昔、ゲームセンターで遊んでいたころ、友達に「おいお前、ゲームなんて一回しか遊べないんだから本を買えマンガを買え」と言われて反発した記憶がある。
友達の意見の大本には本は何度でも読めるから得という考えがあるわけだけど、何度でも読めるのと何度も読むのは違う。読み返すことなく放置している本だって多かろうに。


7100円払って一回だけプレイするゲームと、700円払って一回だけ読む本の何が違う! 


どっちも流れゆく時間の一瞬の暇をつぶしたに過ぎない。

読み返さない本など食べて跡形もなくなった菓子と同じだ。

まあ半分詭弁だけどw(一回しか読まないこともあるとはいえ、何度も読める可能性を内包しているのとしていないのでは雲泥の差だ)

話は変わるけど、前々から読んだ本の内容をどう頭に留めておくかが課題だったんだよね。一回だけ読んだ場合はいわずもがな、二回読んでも三回読んでも内容を忘れてしまう。メモをとるのも悪くないんだけど、最近はそれを発展させて問題を作ることにしている。例えば、こうだ。

Q1 子供が(    )に説明を聞く姿勢ができてから説明をするのがよい

A1 能動的

Q2 ある授業法に何らかの欠点があるかどうかを見極める方法(例 作文の時にこちらが先にテーマを与えてしまうと主体性が失われる)

A2 実際にやってみて子供たちを観察してみる。頭でいろいろと推測するには限度がある。


こんな具合だ。気になった部分や感銘を受けた部分を問題にして残しておくのである。後から確認するときにメモよりこちらの方が頭に残りやすい。英単語を覚える時だって、ただ声に出すだけではなく、チェックシートで隠したりして自分でテストをしてみるであろう。それと同じだ。

もちろん、この問題の答えをそのまま正しいと思いこまず、確認するたびに自分の考えとの違い等を点検するのも忘れない方がよいだろうね。

↓あなたの数秒を私に下さい。面白いと思ったら拍手プリーズ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

はじめまして、bonziro(盆)さん。

私のブログへの足跡とコメント有難うございました、
盆さんの英語への取組や持論に納得して、ちょくちょく拝見させていただいてました。私も英語上達マップに基づいて学習をしてきて、気付きも多いです。今まで上達をそれほど感じていなかったのですが、去年くらいからそれが感じられるようになり、結構苦しい英語上達マップも楽しくなりつつあります。
ある程度の英語力に到達するのに、どの程度の期間がかかるか分かりませんが、英語上達マップの手法で頑張って行きたいと思います。

お互いの目標に向かって、互いに頑張りましょうね。

また、お邪魔させて頂きますね。

Re: はじめまして

コメントの返信遅れて申し訳ありません。

上達マップ法は正当なやり方でありますが、結果が出るまで時間がかかるんですよね。だから、この勉強法を見限ってしまった人も多いと思います。実際にやって成果を上げた人がブログを書いたら、そのような人達は減っていくと思います。ブログの更新頑張ってください(自分も)
最新記事
ページ人気ランキング
プロフィール

bonziro

Author:bonziro
TOEIC895が目標――達成しました 
喧嘩商売の感想、レビュー←一緒か

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
こんな記事書いてくれ、みたいな要望があれば是非
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。