不動産担保ローン ブログパーツ 喧嘩百戦 TOEIC895点 英語教材の定着率の判断をいかにすべきか? 誠実な謝罪の正解はどこに?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語教材の定着率の判断をいかにすべきか? 誠実な謝罪の正解はどこに?

本日も小ネタ二本立て


英語教材の定着率の判断をいかにすべきか?


教材をいつ終えるかを判断するときに重要なのは何回教材を回したかではなくその教材が定着したかどうかである。では、その教材の定着率をどう判断すればいいのか? 実はこれが高校生などの勉強初心者には難しい。文法問題集の問題をすべて解けたからと言って、定着しているとは限らなかったりするし(理解はしていなく問題の答えを覚えているだけと言ったこともあり得る)、forestなどの参考書系は問題すらないのでまた判断が難しいし、リスニング教材などは聞き取れるようになった=その教材を舐め尽くしたとは言い難い面もあったりする。

そういうことをつらつらと考えていると、最低限の教材を回す回数を設定するのは悪いことではないと思ったりもする。教材をやった回数と習熟度はやり方さえ間違わなければ比例するわけだから(異論は認める)、やればやるほど教材が定着し、結果的に教材をむしゃぶりつくすことができるからである。そこに定着率の判断はいらないわけだ。

といっても、むやみやたらに回数をこなすのは大変であるし、回数をこなしても定着していないこともあり得るので、やはり定着したかどうかの判断は必要か。


文法問題→何故その答えになったのか? 何故他の答えでは駄目なのか説明できる

forestなどの参考書系→例文を文法的に参考書の解説通り説明できる。

リスニング→シャドウイング、ディクテーション、リピーティングができる。

長文→ 全文解説できる。全文の意味が取れる。


こんなところでどうでしょう?

もちろん卒業してもたまに戻って来て定期的に復習しなければならないこともありますから注意してくださいね。

誠実な謝罪の正解はどこに?

誠実な謝罪の要求。それは時として嫌らしいものになる。その人が誠実な気持ちで謝っているかどうかなんていうのは結局謝られている人の主観で判断される。それが故に、また、自分が謝られるという優位な立場にいるが故に、相手の謝罪の仕方のあら探しをして、「気持ちがこもっていない」「本当に謝罪の気持ちがあるなら~~をするはずだ」等々、自分が満足するまで相手に謝らせる。このような構図を幾度となく見てきた。気持ち悪い。はあ、どこに誠実な謝罪の正解があるんだろうか? ああ寒い。

追記:今まで知らなかったのですが、いまある有名人の謝罪で丁度盛り上がっているところなんですねw 当然、シンクロさせるつもりはなかったんですが。

↓あなたの数秒を私に下さい。面白いと思ったら拍手プリーズ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ページ人気ランキング
プロフィール

bonziro

Author:bonziro
TOEIC895が目標――達成しました 
喧嘩商売の感想、レビュー←一緒か

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
こんな記事書いてくれ、みたいな要望があれば是非
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。